コラム

私が100万円貯金するまでにやった方法【5選】

 

家計担当20年、会計業務18年のプーコシが貯金のための工夫をお伝えします

【筆者のお金プロフィール】 家計担当20年・会計業務18年・子育て15年

この記事でわかること

・家計でのお金の扱い方

・節約できる考え方・工夫

・家計に影響が大きい入出金

これらの方法は、これまで実施してきたことや、現在も継続中の取組みです

私が300万円貯金するまでにやった方法【5選】 家計担当20年、会計業務18年のプーコシが貯金のための工夫をお伝えします 【筆者のお金プロフィール】 家計担当20年・...

100万円の貯金をする為の5つの実践項目はこれ!

1.積立定期預金

普通預金から毎月一定額を自動で積立していく、銀行のサービスです

例えば毎月30,000円つみたてると、年間360,000円貯金できます

3年で100万円貯金が達成できます

今回の100万円貯金の前提となる重要な考え方です

月々の金額をいくらにするかで、100万円貯まる時期が設定できます

この積立のために、その他の節約等があります

2.いったん帰って考える

大きな買い物のとき「いったん帰って考える」です

これは原始的にも感じますが、重要です

経験では、家に帰って一晩寝たら、欲しくなくなった商品はいくつもありました

また、インターネットで安く買える場合もありますので「いったん帰って考える」は大活躍です

3.格安sim活用

「格安」というだけあって、大手キャリアより安いです

(節約例)月額3,000円✕2名=6,000円  年間70,000円以上節約

家族構成などによって工夫すると、効果も出やすくなります

ただし、「通話が多い人」「通信利用(ギガ)が多い人」には向かない場合もありますので注意は必要です




4.単価で考える

買い物や修理代を「単価で考える」です

たとえば、2,000円の洋服を1年使用する場合と

5,000円の洋服を3年使用する場合は、単純ではありますが

2,000円の洋服は高額といえます

いろんな商品や耐久性のある商品で考えてみると面白いですよ

5.臨時収入の考え方

臨時収入にもいろいろあります

助成金・ボーナス・退職金・年末調整・おとしだま等

臨時収入は貯金のチャンスです

児童手当を例にとります

金額は地域によって違いがあるかもしれませんが、ここでは月額10,000円で12歳までの児童手当とします

12年間(144ヶ月)✕10,000円=1,440,000円

楽なことではありませんが、支給された金額を「見て見ぬ振りして貯金」すれば実現できそうですよ(私も現在実行しています)

また、実際に通帳に貯金することも大切ですが、「近い将来必要なことに使う・残す」ことも有効です(家電品の交換・建物の修繕・車検・入学や修学旅行など)

 

節約ばかりでは面白くない。自然な貯金ができれば最強

毎日の生活で細かい節約や我慢ばかりしていても

あまり貯金は増えないし面白くありません

月々一定額を積み立てることで、自然と貯金されます

貯金していることを忘れてしまうほど上達すれば、あとは自動で貯金です

まとめ

・自動積立で月々貯金

・臨時収入は貯金のチャンス

・大きな出費は事前に準備(貯金)すること

貯金はいつか大きく使うための貯金でもあります

人生の大きなイベントに備えて、気持ちいい貯金をこころがけましょう

 

 

今後は300万円、500万円とシリーズ化します

 

それでは!

 

私が300万円貯金するまでにやった方法【5選】 家計担当20年、会計業務18年のプーコシが貯金のための工夫をお伝えします 【筆者のお金プロフィール】 家計担当20年・...