コラム

私が300万円貯金するまでにやった方法【5選】

 

家計担当20年、会計業務18年のプーコシが貯金のための工夫をお伝えします

【筆者のお金プロフィール】 家計担当20年・会計業務18年・子育て15年

この記事でわかること

・家計でのお金の収支を把握する方法

・自己投資で長期的に回収する方法

・お金の上手な使い方

300万円の貯金をする為の5つの実践項目はこれ!

1.預金の月末残高を一定にして毎月の基準とする方法

今回の300万円貯金の前提となる重要な考え方です

言い換えると「月末には同じ残高にする」ということです

毎月の残高を同じ額にすることで、今月どれくらいの金額が不足なのか、余裕があるのかわかるようになります

できることなら「月間の総出費」や「年に数回の出費」を書き出しておくと管理しやすいです

100万円貯金の時にお話した、積立定期預金(自動積立)と併用すると相乗効果が出ます

私が100万円貯金するまでにやった方法【5選】 家計担当20年、会計業務18年のプーコシが貯金のための工夫をお伝えします 【筆者のお金プロフィール】 家計担当20年・...

2.自己投資を惜しまず、成長して回収法

自分への投資を節約しすぎると、長期的な成長がなくなります

・書籍を買う  ・セミナーを見る  ・スポーツをする

・映画や舞台を見る  ・新しいことにチャレンジする

自分への投資は、回収可能性の高い投資だと思っています

なかなか回収できないこともありますが。。

とくにインプット・アウトプットを意識してバランスの良い自己投資がオススメです

成長した自分が、収入アップを達成するかもしれません

3.クレジットカード限定法

出費を管理することが大切と感じているので、クレジットカードも多く持ちすぎないことをオススメします

【クレジットカードを絞ると良いこと】

・アプリなどで毎月の出費が管理できる

・「こんなに使ったっけ?」「使ったことを忘れていた!」を減らす

・ポイント貯めることも大切ですが、上手に使えることも大切です

 




4.一定貯金額の達成で「使っていい」時期や金額をつくる

たとえば

・205万円たまったら、2〜5万円くらい使ってもいい

・120万円たまったら、20万円のパソコンを買う  など

目標達成のご褒美はモチベーション維持に役立ちます

貯蓄に苦痛が伴う場合は、モチベーションも大切です

※理想は貯蓄(自動積立)していることを忘れてしまうことと考えています

私が100万円貯金するまでにやった方法【5選】 家計担当20年、会計業務18年のプーコシが貯金のための工夫をお伝えします 【筆者のお金プロフィール】 家計担当20年・...

5.継続費用を有効活用しよう

毎月の支払いが終了したら、次の支払いを発生させる

たとえば

・月額5万円の幼稚園を卒業しても、差額を習い事などにあてる

・月額3万円の自動車ローンが終了したら、貯蓄と自己投資にあてる

いっけん出費の増加にも思えますが、継続費用が終了した時に「気持ちが大きくなって」必要以上に浪費してしまうことを防止するためのものです

(例)自動車ローンが終了したら、その分は「車検のための貯蓄」や「冷蔵庫買替えの貯蓄」にする

あえて生活水準(出費)を変えないことで、安定した積立てをめざしています

 

※理想は貯蓄(自動積立)していることを忘れてしまうことと考えています

(本当に忘れてしまってはダメですよw)

出費を管理して、安定した積立を目指しています

毎月、通帳を記帳して内容を確認するのは面倒くさいと思います

今回の「私が300万円貯めるまでにやった方法【5選】」では出費を管理することに重点をおいて選びました

貯金していることを忘れてしまうほど上達すれば、あとは自動で貯金です

まとめ

・預金の月末残高を一定にして毎月の基準とする

・自分にご褒美も用意して、モチベーションを保とう

・出費を安定させることで、貯金を安定させましょう

貯金はいつか大きく使うための貯金でもあります

人生の大きなイベントに備えて、気持ちいい貯金をこころがけましょう

 

今後は500万円、1,000万円とシリーズ化も検討中です

それでは!

 

私が100万円貯金するまでにやった方法【5選】 家計担当20年、会計業務18年のプーコシが貯金のための工夫をお伝えします 【筆者のお金プロフィール】 家計担当20年・...