キャリアチェンジ・転職

【辞めたい・体験談2】経理が転職・退職を決める時どう行動したか(福祉会計編)

こんにちは! 経理事務17年のプーコシです!

その中で4回の退職しました(すべて経理職)

2回目の退職は1年9ヶ月間勤めた福祉法人、最終在籍部署は経理事務員でした

【この記事でわかること】

・退職理由は、1つではなく皆さんにも共有できるはず

・今だから、過去の自分に解決策を伝えたい

経理が法人会計を任されてから退職するまで

理由は一つではないです

1.あまりに安定していて怖くなった

週休2日の生活は始めてだったので、嬉しかったが平凡な生活が少し怖かった

月1回のバイク・ツーリングに参加して充実していた

だけど、仕事の成長が止まってしまう気がして。。。

 

2.自分の収入だけでは家族が養えないと考えた

その福祉法人の給与体系は、想像したより保守的であり

出世や収入アップも見込めなかった(残業もなし)

 

3.グレーゾーンがブラックに発展にすることが怖かった

大きな会議で、「その件は事務方から説明させていただきますと難問を振られショック!

世間にはよくある話かもしれませんが、突然やってくるとビビるよ

 

4.グレーとブラックの境界はだれも教えてくれない

役員会のあと80歳くらいの役員に「無理なことは無理と断れよ」と小声で言われた

意味は全くわからなかったが、なぜか一気に怖くなりました

 

5.会社員に向いていないと感じはじめた

独立勇気はなかったが、会社員であることは苦痛であると感じはじめた

向いていないと思ってきましたが、続ける選択しかないとも思いこんでいました

 

6.社会保険労務士という資格を意識してしまった

またこれ、経理なのに何かあると社労士試験に逃げ込むクセがある(その後15年経っても同じ)

結局、受験しないのになんでだろ?

 

では、あの時どうすれば良かったのか。。過去の自分へアドバイス!




今回の退職理由2つについて、アドバイスします

・グレーとブラックの境界は、だれも教えてくれない

・会社員に向いていないと感じはじめた

【自分にアドバイス】グレーとブラックの境界は、だれも教えてくれない

・知人に聞いても判断できないときは、グーグル検索の活用

・経理は信用第一なので、極力ホワイトを意識しましょう

【自分にアドバイス】会社員に向いていないと感じはじめた

・「自分は何に後悔しますか?」と問い直す

・お金ですか?チャレンジしなかったことですか?

・自分で決断した方が、納得感を得られる

・どちらにせよ無理の継続はしないように。。

まとめ

結局、法人に告げた退職理由は、「税理士受になりたい」だったと思います(ウソつきました)

実際は、転職先は製造業の経理に転職することが決定していたので

同僚等の引き止めもドライに切り抜けることにしました

 

たった1年9ヶ月の出来事でしたが

小売業から福祉への転職は

ITリテラシーの違い

小売業は数値目標がシビア

月次決算への情熱の違い

などのカルチャーショックもあり

2つの業界の振れ幅が大きく、とても刺激的でした

中小企業では経理チームはとても小さいですが、信頼されると大切に扱われることを知りました

 

次の転職では、いよいよ本格的に迷走が始まりますw

 

【辞めたい・体験談3】経理が転職・退職する時どう行動したか(迷走・ホテル業編)福祉施設を1年9ヶ月で退職し、製造業は4ヶ月で退職しました いよいよ転職の迷走もピークを迎えます 失業中に子供が生まれ、家が...

関連記事もどうぞ